Creo Options Modeler

製品プラットフォームの作成と検証

Creo Options Modelerとは

Creo Options Modeler Extension (OMX) は Creo ParametricTM と完全に統合されたアドオン製品です。
パラメトリック 3D CADソリューションの全機能に加え、製品プラットフォームの作成、検証機能が必要な設計エンジニア向けに作成されています。

利用可能な製品オプション、部品構造、3D モデルを組み合わせ、さまざまなタイプの製品を検討し、設計戦略の再検討に役立てることが可能なソフトウェアです。


Creo Options Modelerの強み

Creo OMX を使用する設計者は、顧客固有の製品を短期間で設計し、検証することができます。

Creo OMX と Creo Parametric を組み合わせれば、正確な質量や重心などの特性を確認し、干渉などの重要な領域の問題をチェックして解消することで、作成した製品を検証可能です。

更にPTC のPLMソフトウェアであるWindchill と Creo Options Modeler を併用すると、個々の部品表 (BOM) で定義された製品コンフィギュレーションを作成し正確に 3D 表示して検証することができます。


Creo Options Modelerの機能と仕様

設計サイクルを短縮化

・構成可能モジュールを作成して複数のオプションを容易に管理

・3D でのアセンブリ操作をスピードアップ

・正確な 3D 表示でモジュール製品を生成 (CreoParametric では質量や重心、干渉などの重要領域を検証可能)

モジュール製品を柔軟に作成、変更

トップダウン方式、ボトムアップ方式でモジュール製品アーキテクチャを作成できます。

・トップダウン方式

新製品の製造に理想的。
個々のモジュールおよびモデルに依存しないトップレベルのモジュール製品アーキテクチャを作成します

・ボトムアップ方式

既存の製品に新しい製品モジュールを追加する場合に理想的。
トップレベルの製品アーキテクチャに依存しない個々のモジュールを作成します

既存の製品を再利用

・CAD からでは、 Creo の既存の部品とアセンブリを直接使用可能

・PLM から直接個々の BOM を使用

・モジュール製品アーキテクチャのモジュール バリエーションを変更、追加、削除

Creo Options Modelerのメリット

設計のやり直しを削減

PTC Creo の 3D モデルと、Windchill の製品コンフィギュレーションに関する部品表やビジネス ロジックを直接再利用することで、プロセス エラーと設計のやり直しを減らすことができます

アセンブリ方法の管理を効率化

共通のアーキテクチャと製品モジュールを定義してあらゆる製品の作成を自動化し、そのインタフェース方法、アセンブリ方法の管理に役立てることができます

正確な情報伝達

早い段階で設計情報を共有し、社内の別チーム、サプライヤ、顧客からのフィードバックを考慮に入れることで、正確な情報伝達を行うことができます

Creo Options Modelerのデモンストレーション