ThingWorx Navigate

組織全体での製品データの共有を簡単に

ThingWorx Navigateとは

ThingWorx Navigateは、Windchillのビュー用アプリケーションとして活用できるので、Windchillの製品情報を設計部門以外へ共有するときに非常に役立ちます。

設計以外の部門がWindchillを閲覧する場合、どうしても画面の操作に戸惑ってしまうケースがあります。
ThingWorx Navigateは、UIがシンプルで誰でも簡単に製品情報にアクセス可能になっています。
これにより、全ての部門への情報伝達が容易になり、部門間のコミュニケーションを大幅に向上させることが可能です。
更にThingWorx Navigate では、IOTの情報も見える化出来る為、Windchillだけでなく、ThingWorxとの連携も行うことが可能です。


WindchillでThingWorx Navigateを使うメリット

「ちょっと図面を見たい」、「手配用に構成を知りたい」 などの限定的な用途で利用する他部門の人にとって、PLMの画面は多機能すぎて複雑という声もあります。

ThingWorx Navigateは、各役割毎のユーザーが必要としている製品データへ、簡単な操作でアクセスすることを可能とします。
また、タブレットでの表示にも対応している為、手軽なデバイスでWindchillの情報を閲覧することが可能です。

ThingWorx Navigateの強み

各技術情報へ簡単アクセス

製品技術情報へ素早くアクセスできます。

・部品・図面データへのアクセス
設計データを表示、測定し、部品リストや部品構造、部品のプロパティ情報、図面データを確認できます。

・ドキュメントデータへのアクセス
ドキュメントを表示し、ドキュメントの内容や構造を確認できます。

優れたUI

ThingWorx Navigateは、非常に部品情報が見やすい画面になっています。
3Dモデルの表示はもちろん、構造上で選択した部品をハイライトさせる機能が備わっており、誰でも簡単に構造と3Dモデルの関連性をたどることが可能です。
また、部品構造の展開、折りたたみが可能です。

役割ごとの表示設定

営業、購買、製造、品証など、ThingWorx Navigateを利用する部門は多岐に渡ります。
役割ごとに表示させる技術情報の内容や検索条件の設定を変更することが可能です。
もちろん、アクセス権の設定も可能となっているので、各部門ごとに最適な情報のみを表示するような設定が可能となっています。

ThingWorx Navigateを導入するメリット

他部門への情報伝達を向上

Windchillには企業の技術情報が管理されており、これらの情報を他部門に伝達することは企業の生産性向上に大きく寄与します。
これらの情報をすべての部門へわかりやすく、情報伝達を行うことができます。

IOTとの連携

IoTプラットフォーム「ThingWorx」を基にWindchillなどで集約したさまざまな情報をより多くの技術者が活用できるようなります。
単なる技術情報だけではなく、IOTの情報も含めて閲覧できるようになります。

画面のカスタマイズが可能

ThingWorx Navigateは画面のカスタマイズが可能です。
これによって、企業のニーズに合わせた画面にすることができ、より情報伝達の精度を高めることが可能です。

Thingworx Navigateのデモンストレーション


Windchill

製品のライフサイクル管理を行うPLMソリューション。
Windchillは企業の製品開発に必要な技術情報を管理するための重要なソリューションです。
部門間の情報伝達にPLMは欠かせません。
ThingWorx Navigateの簡単でシンプルなUIでWindchillを閲覧することで、部門間のコミュニケーションを大きく向上します。

 

Windchillを確認