旭エンジニアリング English

Windchill Projectlinkとは

Windchill Projectlinkは、プロジェクト視点でタスク・成果物・人を関連付けて一元管理 個人、全体の仕事、情報を可視化するモジュールです。

プロジェクトの情報(スケジュール、タスク、データ等)を関係者全員で共有できるため、複数部門・拠点が適切なタイミングでタスクを実施して、開発の進捗管理を行うことが可能です。

また、製品情報が格納されているPLM環境からプロジェクト参加者へ製品、部品、ドキュメント、CADデータ、変更情報、工程計画などを共有することもできます。


製品情報との統合活用

Windchillでプロジェクト管理を行うメリットは製品情報と統合活用できることです。
製品開発のプロジェクトを行う場合、PLMとは別のシステムで管理するケースが多いですが、そうすると単にスケジュールやタスクの管理だけとなり成果物との関連付けが難しくなってしまいます。
PLMで製品情報だけでなくプロジェクトの情報も併せて共有することで、製品開発の各プロセスで発生したデータをすぐに探し出すことが可能となります。


テンプレート管理・MS Project との連携

実績のあるプロジェクト計画をテンプレートとして保存し、新規計画をテンプレートから作成する事が可能です。
作成した計画内容はWeb画面上で編集、追加、または MS Project と連携し編集作業が可能です。

Projectlinkの機能と特徴

プロジェクト関連情報管理

プロジェクト視点でタスク・成果物・人を関連付けて製品開発スケジュールを可視化

プロジェクト計画の作成・実行

時間の管理・マイルストーンの定義・プロジェクト計画をタイムライン、ガントチャートで表示可能

製品情報の共有

製品情報が格納されているPLM環境からプロジェクト参加者へ共有可能

プロジェクトのテンプレート可

プロジェクトをテンプレート可することで新規作成時の手間を大幅に削減

MS Project との連携

双方向に連携している為、それぞれの編集内容を反映させることが可能

レポート機能

各プロジェクトのステータスや期限が超過しているものなど、進捗状況をグラフにして確認

プロジェクト管理の流れ

 

① 開発環境を手軽に流用

テンプレートから新規開発環境作成。

 

② 参加者設定

ユーザー置換でタスク一括割当て可能。

 

③ タスク追加・担当者割り当て

柔軟にタスクおよび担当者を編集。

 

④ 計画の基準作成

基準となる計画を作成。計画開始。

 

⑤ タスク実施

タスクと成果物の進捗連携で重複入力不要。

 

⑥ 進捗確認

基準やある時点の状況と進捗比較可能。

Windchill Projectlinkで期待できる効果

プロジェクトの進捗状況が可視化

・タスクの状況を可視化できるため、作業に遅れが出る、負担に偏りがある場合は計画の改善が可能

プロジェクトと製品データを関連付け

・プロジェクト計画に加えて、Windchillで管理された製品データも共有することができ、メンバー間の円滑な情報管理が可能

その他Windchill モジュール一覧

  

Windchill PDMLINK

設計に関連したデータを管理するためのPDMモジュール

  

バリエーション管理

製品BOMのバリエーション管理を行うためのモジュール

  

Windchill MPMLINK

製造BOM (MBOM)と製造工程管理を行うためのモジュール

  

Windchill ProjectLink

プロジェクトの情報(スケジュール、タスク、データ等)を管理するためのモジュール

  

Windchill PartsLink

部品標準化により部品分類やスペックを効果的に管理するためのモジュール

  

Windchill Supplier Management

サプライヤ及びサプライヤ部品の管理を行うためのモジュール

  

Windchill Service Information Manager

サービスBOMや保守部品等のパーツリストを管理するためのモジュール

  

ThingWorx Navigate

Windchillのビュー用アプリケーションとして活用できるモジュール