旭エンジニアリング English

SaaS 3D CADソフトウェア Creo+

Creo+は、PTCのCADソフトウェア”Creo”の新世代版で、最新のSaaS (Software-as-a-Service)を基盤としたソリューションです。
Creo+ は、Creo のパワーと実証済みの高度な機能を組み合わせたソリューションであり、リアルタイムコラボレーションや簡略化されたライセンス管理および配布を実現する革新的なクラウドベースのツールを備えています。


SaaSによるリアルタイムコラボレーション

Creo+ はコンカレント設計(シーケンシャルではなく)を提供します。このリアルタイムコラボレーションにより、チームはより優れた設計を短時間で提供できるようになります。

また、設計調査のための安全なサンドボックスを備えており、設計を共有する準備が整うまで、ほかのユーザーが影響を受けることはありません。

複数の共同作業者が関与することができ、各共同作業者は設計調査作業を確認でき、設計の競合を防止するために、1つの部品は一度に1人のユーザーしか変更できないようになっているため、導入するだけで設計コラボレーションを実現できます。


SaaSによるCAD管理

CAD 管理に関しては、Creo+ に含まれている新しい PTC Control Center により、ライセンスを簡単かつ効率的に管理および配布できるようになります。

  • デスクトップインタフェースを使用すると、ライセンスとソフトウェアを簡単にすばやく配布できるため、時間を節約することができます。
  • グループを定義すると、同じようなライセンスを同じようなユーザーに効率的かつ大規模に提供できるようになります。
  • ユーザーのアカウントは、セキュリティと容易なライセンス管理のために、パスワードで保護されています。
  • 自動更新により、すべてのユーザーが同じバージョンを使用して、最新の改良機能を利用できるようになります。

Creo+ の特徴

管理面の向上

一元化された管理によるメンテナンスコストの軽減

コンフィギュレーション管理

Creo+ の企業向けコンフィギュレーション管理

Creo+ のストリーミング

サポートブラウザを通じてあらゆるマシンに Creo+ をストリーミング

イノベーションの拡大

SaaSサービスのため、常に最新の環境を利用可能

遠隔操作の強化

診断データ、パフォーマンス、ライセンス使用状況を集約管理

セキュリティ

各企業がセキュリティ対策を行うことなく、データを安全に管理

CAD SaaS を選ぶ理由

顧客リソース管理、オフィスドキュメント、人材管理などSaaSのサービスは多くのツールで採用されています。
SaaSなのでシステム管理も不要、メンテナンスに関わる工数を削減し、お客様はイノベーションのために時間を費やすことが可能です。


SaaS vs オンプレミス(顧客の担当範囲)

オンプレミスはインフラやバージョンアップ等、メンテナンスに関わるコストが多く発生します。
対してSaaSはPTCがインフラ・セキュリティ・メンテナンスを実施するため、顧客の担当範囲が大幅に削減されます

カテゴリ

オンプレミス

SaaS

ソフトウェア インフラ(OS, DBMS)
ハードウェアインフラ(サーバー・ストレージ)
インストール・設定
システム管理、サポート
セキュリティ対応・パッチ適用
バージョンアップ

Creo Parametric

Creoはパラメトリックモデリングとダイレクトモデリングの異なる2つのアプローチを持った3D-CADを提供しています。
Creo Parametricは、業界でも最も強力でフレキシブルな3D-CADです。Creo Parametricをコアソフトとして、各設計手法、アプリケーションと連携が可能になっています。

 

製品の詳細を確認