旭エンジニアリング English

SBOM管理が可能

Windchill Service Parts Informationでは、SBOMの管理に加えて、パーツカタログを作成できるモジュールです。
Windchill では設計BOM・製造BOMだけでなく、目的別に応じたBOM管理が可能なので、上流のeBOM/mBOMとリンクしたsBOMを作成できます。

また、SBOMとリンクしたパーツリストを作成できます。
Creo Illustrateを使用することでCADデータから2D/3Dイラストを自動生成でき、部品番号からコールアウトを自動生成することが可能です。


SBOMと連携したCADベースの2D/3Dイラスト作成が可能

SBOMとCADデータを関連付けて管理することで、CADデータを2D/3Dイラストへ有効活用することが可能です。

CADデータからテクニカルイラスト作成ツールのCreo Illustrateを使用することによって、2D/3Dイラスト・3Dアニメーションを作成することができるので、パーツカタログや保守部品の交換手順などのマニュアルを作成できます。

Creo Illustrateではモデルの拡大縮小・回転操作・アニメーション作成やコールアウト連携、更には設計変更に伴う変更箇所を自動検知できるので、イラストを自動で効率的に更新することが可能です。


Windchill 目的別BOM管理機能の強み

製品構成の管理のほかによくある課題として各BOMが分断され、個別のシステムで管理されているケースが挙げられます。
EBOMからSBOMを構築した時点で情報が途切れてしまうと、さまざまな弊害が発生します。
従来別々に作られていたCAD データ、E-BOM、M-BOMやS-BOM等を、Windchill上で統合することで、各データの同期が可能となります。

Windchill Service Parts Informationで期待できる効果

サービス情報の管理効率の向上

・SBOMは上流のBOMとリンクしている為、設計変更の内容をSBOMにシームレスに反映することができる
・サービスカタログの作成効率を向上することができるだけでなく、設計変更の内容をカタログへ自動反映できる

デモンストレーション


その他Windchill モジュール一覧

  

Windchill PDMLINK

設計に関連したデータを管理するためのPDMモジュール

  

バリエーション管理

製品BOMのバリエーション管理を行うためのモジュール

  

Windchill MPMLINK

製造BOM (MBOM)と製造工程管理を行うためのモジュール

  

Windchill ProjectLink

プロジェクトの情報(スケジュール、タスク、データ等)を管理するためのモジュール

  

Windchill PartsLink

部品標準化により部品分類やスペックを効果的に管理するためのモジュール

  

Windchill Supplier Management

サプライヤ及びサプライヤ部品の管理を行うためのモジュール

  

Windchill Service Information Manager

サービスBOMや保守部品等のパーツリストを管理するためのモジュール

  

ThingWorx Navigate

Windchillのビュー用アプリケーションとして活用できるモジュール