Creo Generative Design Extension (GTO and GDX)

AI を活用して短期間で最高の設計を実現

ジェネレーティブデザインとは

ジェネレーティブデザインとは負荷、制約、使用材料、製造プロセスなどのシステムデザイン要件から最適な設計を自動生成する方法です。
CreoはAI駆動のジェネレーティブデザインを導入し、より短い時間で最高のデザインを提供するのに役立ちます。
ジェネレーティブデザインを使用すると、入門レベルのエンジニアは、上級エンジニアが長年の現場で持っていたであろう製造プロセスの広範な知識がなくても、ジェネレーティブデザインを通じてパーツを作成できるようになります。


Creoが持つ2つのジェネレーティブデザイン

Generative Topology Optimization (GTO)

Creo GTOは、指定された材料と製造上の制約に基づいて、最適な設計をすばやく生成して要件を満たし、多くに利用可能なCAD ジオメトリに変換することにより、中断されないパラメトリック・ワークフローを実現できます。
デザイン領域、荷重と拘束目標、製造プロセス、材料を定義することで、最適化を簡単に設定できます。

Generative Design Extension (GDX)

GDX は、GTO で設定された荷重と制約条件を利用して、クラウドを活用して様々な材料や設計基準に対応した複数の設計を提供します。
クラウドベースのハイパフォーマンスコンピューティングを使用するので、通常のPCでは実現が難しい複数案のデザインを素早く作成することが可能です。

機能と強み

要件を簡単に定義

デザイン領域、荷重と拘束目標、製造プロセス、材料を定義して簡単最適化

最適化のプレビュー

シミュレーション結果に沿って最適化された設計のプレビューおよび調査機能

出力データの操作

使い慣れた Creo 設計環境で多くに利用可能な CAD出力データを操作できる

使い慣れた Creo UI リボン

Creoに統合されたコマンドとメニューを使って簡単に設定

主なメリット

設計環境の改善

・ジェネレーティブデザインの結果を最終的な設計として使用、または引き続き調整作業を実施することが可能
・若い設計エンジニアでも開発プロセスの早い段階で貢献することが可能。

革新性と生産性

・検討されなかった可能性のあるオプションも含めてより良いオプションを特定し、インタラクティブな設計が可能
・設計をすばやく生成および最適化して要件を満たせるため、以前からのジオメトリや確立された手法の制約を受けることがない

デモンストレーション

Translate »