Creo View

CADビューアアプリケーション

Creo Viewとは

Creo View MCAD は、3D MCAD 製品モデル、アセンブリ、図面、イメージ、ドキュメントに誰でもデスクトップからアクセスし、ネイティブのオーサリング アプリケーションを使用せずに包括的な調査やビジュアルなコラボレーションを行うことができるCADビューアアプリケーションです。
また、Creo ViewはMCADとECADの2つのアプリケーションが提供されています。


Creo Viewの活用ケース

Creo Viewは高性能な高性能なビジュアリゼーションとデジタルモックアップを提供します。
Creo Viewでは、以下のようなデータの閲覧に役立ちます。

・3Dモデル、構造 、メタデー タ
・2D図面の表示、注記 、印刷、比較
・電子基板、電気回路図
・PDF文書
・設計変更レビュー

Creo Viewの主な機能

使いやすいリボンUI・操作性

注記 & 測定

断面/2Dビュー

ハイクオリティのアーキテクチャ

干渉チェック

スマートな検索&色分け検索

構想レイアウト(Windchill連携)

バッチ干渉チェック(Windchill連携)

設計コンテキスト(Windchill連携)

Creo Viewの各エディションについて

Creo View Express

・機能について
フリー製品です。Creo ParametricやCreo Illustrate等のファイルを閲覧できますが、編集はできません。

・用途
製品(ビューデータ)の視覚化や製造情報の確認のみで編集や加工を必要としないメンバーに有効です。
例:作業場、サプライヤ、外部関係者など

Creo View Lite

・機能について
測定、単純な断面や形状の構成などのいくつかのコマンドツールを提供します。
ウォーターマークやマークアップ、しるしの作成などにも対応しています。

・用途
製品の視覚化や製造情報の確認だけでなく、検証した内容を 保管し、伝達してコラボレーションを図りたいメンバーに有効です。
例:製造、調達、品証、セールス、治具、サポート、試験、設計検査、外部の関係者やサ プライヤなど

Creo View MCAD

・機能について
アセンブリの組立、色分け検索、部品表の作成や各種オプションに対応しているエディシ ョンとなります。

・用途
製品(ビューデータ)の視覚化や製造情報の検証や確認に加えて、ビューデータを解析や加工に利用したいメンバーに有効です。
例:製造、調達、品証、セールス、治具、サポート、試験、設計検査など


Creo View MCADのデモンストレーション