Creo Simulate

CREO のシミュレーション製品

Creo Simulateとは

Creo Simulateは、Creoのシミュレーションソフトで、シミュレーションと解析で製品設計を強化します。

コストと時間のかかる物理プロトタイピングに頼る前に、デジタル モデルで製品の構造性能と熱性能を評価することができます。
製品の動作を早期に把握することで、時間、労力、コストを節約しながら製品の品質を大幅に向上させることができます。


エンジニア向けの解析ツール

多くの設計者は解析担当者ではない為、シミュレーションソフトウェアの使用に前向きではないケースがあります。
Creo Simulateはエンジニアに特化しており、共通の Creo ユーザー インタフェースとエンジニアリング用語が使われています。
また、CAD およびCAE データをシームレスに統合しているため、解析担当者ではなくても、より効率的なプロセスが可能になります。


Creo Simulateの機能

  

部品・アセンブリの有限要素解析

解析の結果が安定した信頼性の高いものになるように自動チェック

  

静的構造解析

製品内の正確な応力、ひずみ、および変位を決定

  

有限要素モデリングの理想化

ソリッド、シェル、ビーム、ばねと質量、溶液、剛体リンク

  

自動メッシュ

メッシュを自動的に更新および改良して、正確なシミュレーションを実現

  

結果の表示とレポート作成

コンター、アイソサーフェス、2D 断面プロット、2D グラフなど、結果全体のポストプロセス

  

固有値解析と座屈解析

振動の固有振動数モードを特定

  

定常熱伝導解析

温度が製品に与える影響をシミュレート

  

設計の最適化

軽量化と強度の両立など、複数要件を踏まえた設計の最適化で、製品コストを削減

  

接触解析

接触時にコンポーネント間を伝わるフォースをシミュレート

  

高度な有限要素理想化

コンポジット シェル/非線形ばね/クラック、破壊力学/ウェイト リンク

  

非線形解析と大変形

弾塑性材料と超弾性材料を容易に定義

  

動解析とプリストレス解析

時間応答、周波数応答、ランダム応答、スペクトル応答の動的な構造解析

  

非定常熱伝導解析と非線形熱解析

温度依存、輻射の熱伝達。時間に依存する境界条件

  

Mechanism Dynamics

MDO 結果を構造解析に自動的に転送し、機構内の応力を評価

  

公差解析

公差が製造可能性に及ぼす影響を評価

  

モールド充填解析

モールド充填の潜在的な問題を特定

  

疲労解析

製品が疲労による破壊に耐えられるまでの荷重サイクル数を推定

  

ヒューマン ファクター解析

物理的な試作にかかわる時間の短縮、予算の削減、陳腐化の回避

  

エンジニアリング ノート

PTC Mathcad ワークシートを Creo モデル内に直接埋め込む

Creo Simulateを導入する理由

使いやすさ

・PTC のシミュレーション ソフトウェアは、エンジニア向けに設計されています。

シームレスな結合

・CAD と CAE のシームレスな統合により、プロセスの効率が向上します。
・モデルのプロパティを直接読み取ることが可能です。

・正確性と信頼性

・専門家でないユーザーからの限定的なインプットに基づいて、正確で信頼できる結果を得ることができます。
・設計プロセスのより早い段階で変更を行うことで、時間、コスト、労力を節約できます。

Creo Simulateのデモンストレーション


Creoのリアルタイムシミュレーション

Creoでは、通常のシミュレーションソフトとは別にリアルタイムシミュレーションのソフトを提供しています。
CreoParametricのモデリング環境で即座に解析結果を取得し、開発の意思決定を即座に行っていくことが可能です。

 

リアルタイム解析ソフトを確認