旭エンジニアリング English

Windchill MPMLINKとは

Windchill MPMLINKは、BOMの中でもMBOMの管理、そして製造工程を管理するための機能となります。

設計変更が生じた際に上流 (設計)から下流 (製造BOM)へ反映させていくことが必要になりますが、Windchillでは目的別にBOMを管理でき、それらをリンクした関係で管理することが可能です。
そのため、設計BOMの変更内容をシームレスに製造BOMへ反映することができ、プロセス別のBOM管理を容易にしてくれます。

また、製造工程管理の機能も備えており、組み付けや組立の工程を3Dイラストやアニメーションで表現することができます。
工場のラインに対して、どんな治具や技能者がいるのか?という工場の構成をBOMのように表現することも可能です。


Windchill MPMLINKの全体像

EBOMからシームレスにMBOMを作成し、製造工程を管理することが可能です。


Windchill 目的別BOM管理機能の強み

製品構成の管理のほかによくある課題として各BOMが分断され、個別のシステムで管理されているケースが挙げられます。
EBOMからMBOMを構築した時点で情報が途切れてしまうと、さまざまな弊害が発生します。
従来別々に作られていたCAD データ、E-BOM、M-BOMやその他 BOM 等を、Windchill上で統合することで、各データの同期が可能となります。


Windchill MPMLINKの主な機能

MBOM管理

Windchillでは、EBOMからMBOMをシームレスに作成することができます。
MBOMの構成をルール化して、ワンクリックでMBOMを作成することも可能なだけでなく、EBOMの変更内容をシームレスにMBOMに受け渡し、変更情報を漏れなく簡単に反映することが可能です。
また、EBOMでは必要としない生産特有の属性情報を管理できます。

製造工程管理

MPMLINKでは、設計データを活用して生産で必要な情報の管理が行えます。
製造工程管理を行うことで、製造工程をBOMのように階層構造で管理できます。
また、各工場に適した工程を作成できるので、各工場特有の設備や技術者の情報、副資材などを管理できます。

作業指示書の作成

MPMLINKでは製造工程をツリー体系で表現するだけではありません。
作成した製造工程管理から作業指示書の作成が行えます。
テクニカルイラスト作成ツールのCreo Illustrateを使用することによって、組み立てていく手順をアニメーションで定義することも可能です。


運用イメージ

MBOMおよび工程情報を単数/複数のプラント(ERP/MES)に送信することで、システム間の連携を実施

Windchill MPMLINKで期待できる効果

生産BOMの管理

・E-BOMとM-BOMの番号や構成が異なる場合も、EBOMとMBOMをリンクさせた状態で管理ができるので、部品間の対応関係を把握できる。
・部品間の対応関係が明確になるので、影響範囲の特定が変更漏れを防ぐことが可能。

生産プロセスの可視化

・各工場の工程をBOMのように表現できるので、各工場の製造工程を見える化できる。
・組み立て手順をCADデータを活用したアニメーションで表現できるので、誰にでもわかりやすく伝えることができる。

デモンストレーション


その他Windchill モジュール一覧

  

Windchill PDMLINK

設計に関連したデータを管理するためのPDMモジュール

  

バリエーション管理

製品BOMのバリエーション管理を行うためのモジュール

  

Windchill MPMLINK

製造BOM (MBOM)と製造工程管理を行うためのモジュール

  

Windchill ProjectLink

プロジェクトの情報(スケジュール、タスク、データ等)を管理するためのモジュール

  

Windchill PartsLink

部品標準化により部品分類やスペックを効果的に管理するためのモジュール

  

Windchill Supplier Management

サプライヤ及びサプライヤ部品の管理を行うためのモジュール

  

Windchill Service Information Manager

サービスBOMや保守部品等のパーツリストを管理するためのモジュール

  

ThingWorx Navigate

Windchillのビュー用アプリケーションとして活用できるモジュール