旭エンジニアリング English

Creo Advanced Assembly Extensionとは

PTC Creo AAX は、トップダウン設計をサポートする、スケルトン モデルとデータ共有機能などの、高度なアセンブリ機能を提供します。

アセンブリのフレームワークを検討しながら設計できるため、全体の構造を把握しながら個々の構成部品を設計することができます。
これにより、構成部品間の多様で複雑な関係を簡単に管理でき、アセンブリに関連する設計基準をコンカレントに設計チームへ簡単に伝達できます。
さらに、変更を加えるたびに生産図面や製造情報など下流側の成果物すべてが自動的に更新されるので、簡単かつ迅速で間違いのない製品設計が可能です。


多くの製品はトップダウン設計で開発される

トップダウン設計とは構想設計の中で最も一般的な手法で、製品全体のレイアウトを先に決めて、各部品を順次設計していく方法のことをいいます。

例えば製品全体の大きさ、操作ボタンの数、デザインなどを先に決めてから各部の詳細な設計を行う手法はトップダウン設計です。
3次元CADに限ったものでもなく、2次元設計など、以前から一般的に行われている設計方法で、部品点数がある程度以上の製品の多くがトップダウン設計で開発されています。


トップダウン設計とボトムアップ設計の違い

トップダウン設計

  • 上層に重要情報を配置する方法
  • その情報を製品構造の下階層に伝達
  • 設計情報全般を一箇所に集約している為、情報の変更は全ての部品に反映される。
  • 一貫性のチェック・訂正の手間を省くことができる。

ボトムアップ設計

  • アセンブリの部品を個別に独立して設計
  • 部品が適合するか、設計基準を満たしているかをマニュアルで確認
  • 部品とサブアセンブリ内に配置されたその部品は、トップレベルアセンブリ作成のためにまとめられる
  • 調整のために各部品に修正が入り、マニュアルでエラーが特定される。アセンブリが作成される段階で一貫性のチェックや訂正にかなりの時間がかかる


トップダウン設計に必要な機能を有するCreo

3次元 CAD No.1 の構築力・伝達力・管理力を持つCreoのAAX

構築力

設計の重要な情報をスケルトンモデㇽに集約し、必要情報を確実に伝達

伝達力

スケルトンから各ユニットや部品へ必要不可欠な情報のみを伝達させる機能を備える

管理力

データ間の不必要な関連性を取らないように制御する機能

Creoによるトップダウン設計のメリット

トップダウン設計の実現

・トップダウン設計ツールでスケルトンモデルを作成し、設計意図を下流工程と共有することで、構造全体を柔軟に制御
・すべての変更は設計情報から製造情報に至るまで自動的に伝播されるので、安心して変更可能

大規模アセンブリの簡略化

・詳細な設計アセンブリに代わる簡略化されたエンベロープ部品を作成することで、アセンブリのパフォーマンスが向上

コンカレント設計

・設計意図を複数の設計者で容易に共有し、同時並行で製品開発を進めることが可能
・設計担当者と製造担当者のコラボレーションとコミュニケーションを促進し、コストを削減

AAXによるトップダウン設計