旭エンジニアリング English

Windchill PDMLINKとは

Windchill PDMLINKは、Windchillの中でも設計に関連したデータを管理するためのPDMモジュールです。

CADや設計文書、E BOMなどの設計に関連するデータ管理に加えて、出図管理や設計変更管理、バリエーション管理を行うことができます。

最終的にはM BOMやS BOMとトレーサビリティを確保した管理を行うことも可能です。


3DCADとEBOMの連携に対応

Windchill PDMLINKはCADデータ管理に強みを持ったPDMモジュールです。
PTC社のCADだけでなく、他社CADのデータ管理にも優れたハイパフォーマンスのPDMです。

更に、WindchillはCADとBOMをシームレスに管理できるのが特徴で、3D CADの構成からE BOMを自動生成できます。
BOMの構築も簡単に行うことができ、CADのパラメータを部品と連携することで、構成だけでなく品目情報も反映できます。
CADの構成変更もBOMにシームレスに反映できる為、設計変更に掛かる手間も最小限に抑えることが可能です。


対応するCADシステム

提供元

主な製品

Autodesk, Inc. Autodesk Inventor, AutoCAD
Dassault Systèmes CATIA V5, 3D EXPERIENCE, SolidWorks
Siemens Siemens NX
PTC Creo Parametric, Creo Illustrate,
Creo Elements/Direct Modeling and Drafting
Altium Altium 365
cadence Cadence OrCAD
EPLAN EPLAN
ZUKEN 図研 CR-5000, 図研 CR-8000

Windchill PDMLINKの特徴

マルチCADデータ管理

PTCのCAD製品だけでなく、他社CADのデータ管理も可能です。

BOM自動生成

CADの構成からE BOMを自動作成することが可能です。

豊富なPDM機能

PDMに必要な機能が豊富に備わっており、スムーズに運用を立ち上げることが可能です。

Windchillの主要機能

オブジェクト検索

Windchillに登録されるオブジェクトをキーワードや属性、様々な条件設定を用いて横断的に検索することができます。
検索結果はサムネール付きの一覧で表示され、簡易ビューワを用いて中身を確認できます。

ドキュメント管理

MSOffice文書、PDF、TIFF、URLリンク(他システム文書)などWindowsファイルであれば、一般文書としてWindchillに登録できます。
CADデータと同様に属性管理・版管理・排他制御・BOMへの関連付けが可能です。

ビューワ

3Dモデル、図面、文書等を参照・レビューすることができます。
ビューワならCADもMS Officeも不要で3Dモデル、図面、文書等、1つのツールでレビューできる為、誰でも簡単に視覚的にデータを見ることが可能です。

マルチCAD管理

WindchillはマルチCADの管理に対応しています。
PTC社のCADだけでなく、他社のMCAD/ECADも管理ができる為、Windchill内に設計情報を集約できます。

製品構成管理

製品の部品構成情報を階層構造で管理でき、関連するデータを合わせて表示できます。
構成の順展開、逆展開、表示項目の切り替え、フィルタリング表示などが可能です。

BOM管理

一つのPLMシステム内で製品構成に対応するEBOMを定義、設計変更の影響をモレなく修正できます。
全ての製品情報を管理する完璧なBOMにより製品開発におけるコストや品質向上を実現します。

アクセス制御

以下のようにWindchillに登録されているオブジェクトは木目細かなアクセス制御が可能です。
・チーム(案件別、製品シリーズ別)
・フォルダのアクセス制御
・データの状態に応じたアクセス権

変更管理

問題~原因~対策~実施までのトータル管理が可能です。
・問題レポート(問題提起)
・変更リクエスト(変更要求)
・変更通知

出図承認

ワークフローにて承認依頼~出図承認~出図通知発行までの出図配布管理が可能です。
また、状態に応じてデータの読み取りやダウンロードを制御することができます。


その他機能詳細

  • コンテキスト管理

    各データを保管する場所のことを“コンテキスト”と言います。
    製品単位でデータの保管庫を区分けできるだけでなく、各製品を跨って使用するような締結部品や電子部品をライブラリとして管理することが可能です。

  • PDM基本機能

    • インデックス済み/インデックスされていないコンテンツの検索
    • 属性管理、ライフサイクル管理、バージョン管理、排他制御
    • ユーザー、ロールの管理、アクセス定義

  • デザインレビュー

    デザインレビューのためのワークフローが標準で搭載されているため、試作時の節目の管理や出図承認前のデザインレビューに活用できます。

  • 構成比較

    新旧バージョンのBOMの構成比較を行うことができます。差分情報のみ表示することができるだけでなく、CADのビューアを用いて視覚的に差分を確認できます。
    また、CADとBOMの構成比較も簡単に行うことが可能です。

  • ベースライン(節目管理)

    節目管理の機能を備えている為、デザインレビューなどのイベント単位のデータを保存したり、時系列で節目となる情報を残すことが可能です。

  • プロジェクト管理

    Windchill PDMLINKにはプロジェクト管理機能が備わっています。
    プロジェクトのスケジュール・進捗管理を行うだけでなく、Windchillで管理するデータを成果物として紐づけて管理することが可能です。
    プロジェクト管理の機能詳細はこちら

  • プリファレンス

    Windchillの強みは標準機能を多く備えている部分にあります。デフォルトの細かい動作も会社単位だけでなくユーザー単位で細かく制御することが可能です。

 

Windchill PDMLINKで期待できる効果

製品データとE BOMのトレーサビリティを確保

・マルチCADデータの管理に加えて各種ドキュメントの仕掛~承認データまでをしっかり管理できます。
・E BOMに各種CADデータやドキュメントを関連付けて管理でき、トレーサビリティを確保できます。

変更管理

・問題報告、変更要求、変更分析・実施というように、変更に関連する情報を細かく管理できます。

デジタルデータの源流を整備してDXへ

・DXの実現にはデジタルデータの源流となる3DやBOMを正しく管理することで、開発に伴う試作・評価だけでなく、生産準備やARを活用した商談やIoTを駆使したアフターサービスが可能に。

デモンストレーション


その他Windchill モジュール一覧

  

Windchill PDMLINK

設計に関連したデータを管理するためのPDMモジュール

  

バリエーション管理

製品BOMのバリエーション管理を行うためのモジュール

  

Windchill MPMLINK

製造BOM (MBOM)と製造工程管理を行うためのモジュール

  

Windchill ProjectLink

プロジェクトの情報(スケジュール、タスク、データ等)を管理するためのモジュール

  

Windchill PartsLink

部品標準化により部品分類やスペックを効果的に管理するためのモジュール

  

Windchill Supplier Management

サプライヤ及びサプライヤ部品の管理を行うためのモジュール

  

Windchill Service Information Manager

サービスBOMや保守部品等のパーツリストを管理するためのモジュール

  

ThingWorx Navigate

Windchillのビュー用アプリケーションとして活用できるモジュール