Creo の付加製造

CREO は3DCADと付加製造との間のギャップを埋め、作成した設計をそのままプリント可能

Creo の付加製造機能 (Creo Additive Manufacturing)

CREO を使用すれば、設計結果をそのままプリントできます。

Creoを使用すると、設計、最適化、検証、プリントチェックのすべてを単一の環境で実行できるため、処理時間、面倒な作業、ミスが全体的に減少します。
用意が整ったら、あとはファイルを3D プリンタに直接送信するだけです。
プラスチックと金属での付加製造向けに設計し、最適化されたプリンタブロファイルとサポート構造を使用して選択したプリンタに直接接続することができます。
ソフトウェア間の切り替えはなく、面倒もありません。
Creoの金属プリント機能は、現在の市場の金属プリンタのほとんとをカバーしています。


付加製造の機能

  

格子モデリング

シミュレーションで格子構造を最適化

  

プリントトレイアセンブリの作成

プリンタに固有のプリントトレイを定義でき、材料/色などを割り当て可能

  

自動配置とネスティング

プリンタの仕様に従って、プリントトレイ内の部品の向きを最適化

  

ビルド方向

設計をプリントする最適な方向の定義

  

MATERIALISE ライブラリ

MATERIALISE ライブラリの金属プリンタへの直接接続が可能

  

金属サポート材の生成とカスタマイズ

サポートのパラメータは特定のプリンタに依存しており、ユーザーが変更可能

特徴

3D SYSTEMS プラスチックプリンタへの直接接続

・部品のプリント、材料、色の指定、および Creo からのビルドと造形素材の直接の計算
・i.materialise および 3D Systems のオンデマンド製造 (ODM) プリントビューローに部品を直接注文する機能

MATERIALISE ライブラリのプラスチックプリンタへの直接接続

・Creo からプラスチック部品を直接プリント
・プラスチックプリンタ用プリントドライバーとプロファイルをライブラリで管理

3Dプリンタ対応機能の紹介

Translate »