高精度なダイセットを作成

2D図面を3Dモデルへ自動コンバートし、設計工数の削減に大きく役立ちます。

金型を効率よく作成する新たな設計手法

ExtrusionPowerは世界で唯一のアルミ押出金型設計に特化したCADソリューションです。2D図面を3Dモデルへ自動コンバートし、設計工数の削減に大きく役立ちます。
アルミ押出金型設計は、多くの場合、設計者の経験に基づいて行われますが、ExtrusionPowerを導入することで、個人の知識やノウハウを着実に企業の資産へと蓄積し、極めて正確で再現性の高い製造法をサポートします。


ExtrusionPowerの特長

3Dモデルを自動作成

ダイスの2D図面から3Dモデルを自動作成する高度な機能です。 ダイプレートやマンドレル、ブリッジや逃がし幅(裏逃げ)も自動で3次元モデルへ変換します。 3次元モデルの作成に要する時間はたったの「1分」です。

ダイセットの作成に特化

3Dモデルを自動作成した後は、ブレンドやテーパを行う必要があります ExtrusionPowerはダイセットの作成に特化したCADアプリケーションです。 これらを便利に行える機能を備えています。

Bearing Wizard

マンドレル及びダイプレートのベアリングの長さは、アルミニウムの流れに影響を及ぼす重要な要因です。 従来のCADシステムでは、モデル化するのに時間を要してしまいます。 ExtrusionPowerは図面内の情報を取得し、複雑な形状も自動で3次元モデルへ変換します。

ExtrusionPowerの機能一覧

図面のエラー検出

繋がっていない輪郭線を検出します

3Dモデル自動作成

2D図面から3Dモデルを自動作成します

エクスポート

指定したデータ形式で出力します(DXF/DWG/IGES/STEP/Creo等)

パラメトリックな設計

ブリッジなどダイセットの要素のパラメトリックな作成を可能にします

干渉チェック

干渉チェックやクリアランスのチェックが可能です

CAMとの連携

ExtrusionPowerで作成したデータは主要CAMとの親和性も高いです

こんな方におすすめ

製造コストを削減したい

・金型の仕上げは手作業で行っている
・同一金型作成時も同じトライ&エラーによる仕上作業が発生
・全体の開発工程を収縮し、コスト削減が求められている

設計精度を向上したい

・現在も2D主体で設計している
・3次元モデルを用意し金型製造前に解析を行いたい

ExtrusionPower
デモンストレーション