旭エンジニアリング English

Windchillとは

Windchillは製品開発に必要なコンテンツとプロセスを管理するPDM/PLMソリューションです。

製品ライフサイクルの各段階で製品情報を取り込んで構成・管理するだけでなく、企業の業務目標に効果的に対応し主要なビジネス プロセスを最適化します。
その結果、企業の戦略的目標に沿った製品開発が可能となり、業績の向上が実現できます。


3DデータとBOM情報を使いこなせるPLM

WindchillはマルチCADに対応しており、3Dモデルからビューデータ、BOM管理までシームレスな環境を構築できます。
以下のような機能を備えています。

・Windchill機能がCADに内蔵
・セキュリティを考慮したコンカレント設計環境の提供
・依存関係・参照の管理
・Windchill側から直接属性編集可能
・CADの構成管理⇒BOMの自動作成


情報を一元管理 & フル活用

Windchillは企業の技術情報を一元管理できます。
これによって、“紙中心の業務スタイル”から”デジタルデータフル活用”の運用を実現できます。
情報は管理だけでなく、3DパーツカタログやVuforiaを利用したAR等、後工程に活用できます。
Windchillを導入することで、設計部門だけでなく後工程部門でもCADデータ・BOM・技術ドキュメント等の製品情報を活用し、調達・製造に必要な情報をコンカレントに作り込むことができます。


SaaSにも対応する新世代のPLM

Windchillは最新のSaaS (Software-as-a-Service)を基盤としたソリューション”Windchill+”を提供しています。
豊富な標準機能を持つWindchillだからこそ実現できるSaaS PLMは従来のPLMと比較して、運用までの立ち上げ期間や導入後のメンテナンス等、多くの場面でお客様にメリットをもたらします。

SaaSが注目される昨今、PLMでもSaaSを検討する企業が増加しています。

 

  SaaS PLMを確認  


対応するCADシステム

提供元

製品名

Autodesk, Inc. Autodesk Inventor, AutoCAD
Dassault Systèmes CATIA V5, 3D EXPERIENCE, SolidWorks
Siemens Siemens NX
PTC Creo Parametric, Creo Illustrate,
Creo Elements/Direct Modeling and Drafting
Altium Altium 365
cadence Cadence OrCAD
EPLAN EPLAN
ZUKEN 図研 CR-5000, 図研 CR-8000

Windchillの特徴

CAD/BOM連携

マルチCADデータ管理、目的別BOM管理に対応しています。

ブラウザベースのPLM

Windchillは各種ブラウザで閲覧できます。

ベストプラクティス

世界中の「ベストプラクティス」を整備し、これをもとに製品開発しています。

”見える化”システム

画面、操作手順、業務流れを早い段階から実機で可視化できます。

ノンプログラミング

管理項目やワークフローのテーラーリングはパラメータ設定だけで可能で、プログラム開発は不要です。 

グローバルで使える

グローバルでの利用を想定した仕組みの為、海外拠点展開(言語対応の追加)にも即座に対応できます。

Windchill モジュール一覧

  

Windchill PDMLINK

設計に関連したデータを管理するためのPDMモジュール

  

バリエーション管理

製品BOMのバリエーション管理を行うためのモジュール

  

Windchill MPMLINK

製造BOM (MBOM)と製造工程管理を行うためのモジュール

  

Windchill ProjectLink

プロジェクトの情報(スケジュール、タスク、データ等)を管理するためのモジュール

  

Windchill PartsLink

部品標準化により部品分類やスペックを効果的に管理するためのモジュール

  

Windchill Supplier Management

サプライヤ及びサプライヤ部品の管理を行うためのモジュール

  

Windchill Service Information Manager

サービスBOMや保守部品等のパーツリストを管理するためのモジュール

  

ThingWorx Navigate

Windchillのビュー用アプリケーションとして活用できるモジュール

Windchillで期待できる効果

情報の一元管理

・最終的なアセンブリ構造を一元的に管理する為、企業内の全員が同じ製品情報にすぐにアクセスできます。

プロセスのエラーと設計のやり直しを削減

・変更履歴が自動的に文書化され、連絡ミスや製品変更に関する伝達の遅れによる問題発生をなくします。

グローバルな製品開発をサポート

・Web ベースのアーキテクチャによって世界中に分散する複製データベースを整合できるよう設計されています。

エンジニアの作業効率の向上

・MCAD / ECAD 設計、ソフトウェア、文書、製品構造、未承認の変更などのあらゆる製品コンテンツ情報をすばやく確認、検索、管理できます。

Windchill コンサルティングサービス

当社はWindchillの豊富な実績を活かし、コンサルティングサービスを実施しています。
Windchillの新規導入・機能拡張・環境改善等、さまざまなご要望に対応した支援サービスです。
PTCの技術集団である当社のコンサルティングサービスを利用することで、Windchillを最大限効果的に利用することができます。

 

  詳細を確認  

デモンストレーション