Creo Schematics

複雑な配線・配管システムも確実に設計

Creo Schematicsとは

Creo Schematicsは、配線・配管システムの 2D 回路図設計を作成するためのソフトウェアです。
電気設計をデジタルで最適化し、安全性やコスト、重量を改善できます。

エレメカ設計者は設計プロセスの一環として、回路図の論理情報を使用して 3D アセンブリ内の配管や配線のルーティングを行います。
2D 回路図からのデータの移行を自動化することで、3D エレメカおよび配管設計を高度に自動化して設計の一貫性を確保できます。
互換性が高い為、2D 回路図の解釈に伴う面倒な手作業を削減し、3D 設計の時間短縮を実現することが可能です。


Creo Schematicsの強み

Creo Schematicsは、PTC の定評ある作図ソリューションが備える優れた機能と、航空宇宙および自動車業界で培われた PTC の経験が結びついて生まれた高機な作図ソリューションです。

豊富な作図機能と機械系 3D CAD ソリューションとの連携機能を通じ、配線・配管設計を的確に進めることができます。
操作も簡単で、ドラッグ ハンドルを使用してオブジェクトの再配置と回転をすばやく簡単に行うことができます。


Creo Schematicsの機能と仕様

優れた管理機能

・Windchill PDMLINKやProjectLINKなど、PTCのPLM内のスケマティックデータの管理が可能

・Creo SchematicsからWindchillに直接設計データの保存が可能

・カタログ管理に優れており、企業の設計ライブラリの一元的なソースとなるセントラル カタログを管理できるだけでなく、ANSI標準、CSA標準、IEEE標準など、無料のシンボルライブラリを提供

設計操作

・状況依存の右マウス ボタン ポップアップ

・あらゆるユーザー プロパティの定義

・複数のシート間の高速ナビゲーション

・カタログの更新

・作図シートのマージ

プロパティとパラメータ

・パラメータはユーザーが詳細に定義することが可能で、フォルダ、シート セット、シート、ブロック、ファイバー、グループ、ポート、フォーマットに追加可能

・パラメータ値は、カタログでのデフォルト設定、インスタンス作成時の修正、データ セットからの選択・更新、複数の選択肢からの編集、自動割り当てが可能

・PCB アプリケーションのシグナル情報のインポート

・コネクタ端子情報の自動割り当て

Creo Schematicsのメリット

市場投入期間の短縮

Creo Parametric™ および CreoElements/Direct® での 3D の配線のルーティング、Creo Parametric での配管のルーティングを自動化できます。

総生産コストの削減

ECAD-MCADCollaboration Extension を併用することで、エレメカ設計者はスマート コネクティッド プロダクツを開発するための基盤を得ることができます。
Creo Clearance and Creepage Extension や回路図用のE-Simulate などの解析ツールによって、電気設計をデジタルで最適化し、安全性やコスト、重量を改善できます。

製品の品質を改善

Creo Schematics で配線・配管のデジタル設計を完全に定義したら、それを Creo Parametric または CreoElements/Direct に直接送ってそのまま 3D 設計を進めることができます。

Creo Schematicsのデモンストレーション