Creo Layout

2次元の構想設計をすばやく作成し、3 次元モデルのベースとして再利用

Creo Layoutとは

Creo Layoutは、2D構想図を作成し、更にその2Dを3Dモデルの設計に利用できる2D CAD アプリケーションです。

設計初期の構想段階では多くの企業が2次元CAD ツールを使用しています。
2次元CADツールのスピードと柔軟性は、変更を加えながら複数の代替設計を検討するのに適しています。
Creo Layoutを使用することで、2次元設計を3次元モデルの土台としてシームレスに利用可能です。


Creo Layoutの強み

高度な2次元環境で、構想設計のための機能がすべて揃っています。
3次元モデルのデータとして利用可能なアプリケーションの為、2次元設計と3次元設計のアソシエティビティを維持するオプションを使用すると、後から2次元設計に加えられた変更を自動的に3次元モデルに反映することができます。
2次元CADのスピードと柔軟性を犠牲にせずに、3次元設計に効果的に活かすことができるアプリケーションです。


Creo Layoutの機能と仕様

2次元での構想設計

・ミラー、オフセット、トリムなど、スケッチとジオメトリ操作のためのツールを完備

・スケッチ ガイドと精度パネルを使用して、ジオメトリを正確に配置

・下書き図形を使用して2次元の設計意図を取り込み

・大きな設計情報を小さなセグメントに分割

・DXF,DWG,TIFFやJPGなどの2Dデータをインポート可能

2次元での詳細設計

・標準またはカスタム図面フォーマットを使用

・設計に寸法、注釈、シンボルによりアノテーションを付加

・設計に関するテキスト情報をテーブルによって整理

・カスタマイズ可能なシンボルライブラリを使用してシンボルを作成

Creo Parametricとの統合

・2次元Layoutから直接PTC Creo Parametricのアセンブリモデルを構築

・構成部品の配置または視覚的参照のためにアセンブリ済みレイラ宇都を参照

・レイアウト専用のデータ共有フィーチャーを利用して、レイアウトのデータを3次元の部品モデルと共有

・2次元レイアウトに加えた修正を3次元モデルに自動的に反映

・Creo Parametricから部品やアセンブリの断面をインポート

Creo Layoutのメリット

柔軟な図面作成機能

・スケッチとジオメトリ操作の為の広範なツールを使用して、2次元構想設計を作成可能です。
・注記、寸法、シンボル、テーブルなどのフォーマットの追加や構造、タグ、グループを使用して設計を管理可能です。

2次元/3次元設計の時間短縮

・既存の設計データを再利用できるため、新しい2次元設計にすばやく取り掛かることができます。
・3次元モデルの断面や2次元の標準フォーマットデータをインポートし、トレースしてスケッチを生成することが可能です。

Creo Parametricとの連動

・PTCのCreo Parametricと連動可能です。
・3次元の部品やアセンブリで2次元設計の一部またはすべてを参照して設計サイクルを短縮できます。

Creo Layoutのデモンストレーション