AE Plus+ 属性管理機能 を Annotationで有効活用する方法

 

今回のAE NEWSでは当社製品のAE Plus+でご好評いただいている属性管理の活用方法をご紹介します。
PTC Creo Elements Direct Modelingの図枠へ属性を追加する方法やAEPlus+の属性機能の活用方法をご紹介します。

AEPlus+の属性管理はAnnotationと連携できる

Annotation用図枠では参照テキストを使用して、属性を反映させることが可能です。
当社製品のAEPlus+と連携することで幅広い属性の使用が可能になります。

属性の追加手順

表題欄にテキストを配置

表題欄に材質の参照テキストを配置し、内容を確認します。

  1. Annotation タブ>設定グループ>テキストドロップダウンから、新規テキストコマンドを選択します。
    オーナー:Title Block(表題欄)
    テキスト:TST
  2. 位置は表題欄の MATERIAL 以下に配置します。
  3. 中ボタンもしくは「了解」ボタンを選択しコマンドを終了します。

参照テキストを配置

  1. Annotation タブ>設定グループ>そのほかドロップダウンから、参照テキストコマンドを選択します。
    アクティブグループ:Sheet_local
    割り当て:材料
  2. 先ほどのテキストを選択。
  3. 中ボタンもしくは「了解」ボタンを選択しコマンドを終了します。

モデル属性との連携

表題欄へモデル属性を反映

  1. Annotation タブ>設定グループ>AEPlus+ドロップダウンから、シート属性管理・出力コマンドを選択します。
  2. 図面一覧から構造に移り、図枠属性メニューから「モデル選択」をクリックします。
  3. 構造一覧からモデルを選択するとモデル側の属性が読み込まれます。
  4. 確定ボタンを選択し、表題欄の更新をしますか?をはいで選択します。
  5. 自動的に表題欄の材質が更新されました。

まとめ

AE Plus+の属性管理機能はモデルに属性を付与・管理できるだけでなく、Annotationへの有効活用も可能です。Model ManagerやWindchillと連携することも可能なので、CADとBOMの連携にも有効な機能です。ご興味ある方は是非お問合せください。


製品の詳細はこちら:AE Plus+製品ページ

メールマガジン”AE NEWS”の配信申込はこちら:AE NEWS申込ページ