Creo Direct

使いやすく迅速で柔軟な 3D ダイレクト モデリング

Creo Directとは

Creo Direct は、ユーザーが求める機能がすべて揃った、設計者に必須の 3D ダイレクト CAD ソリューションです

Creo Direct には、製品開発プロセス全体にわたって、ダイレクト モデリング手法を使用して 3D CAD データを作成および編集する機能が用意されています。
この使いやすく迅速で柔軟なソリューションにより、さらに多くのユーザーが製品開発プロセスに貢献できるようになります。


Creo Directの強み

操作と習得が簡単です。直感的なダイレクト モデリング手法により、新規のユーザーも利用頻度の低いユーザーも、すばやく操作を理解して、3D 設計を作成および編集できるようになります。
より迅速で柔軟な部品とアセンブリのモデリングで個人の効率と生産性が向上します。

Creo Directの機能と仕様

3D モデリング

・スケッチの操作: ジオメトリの追加、押し出し、回転、スイープ

・エッジの操作 : ラウンドと面取り

・サーフェスまたはサーフェスのセットに対してドラフトを作成

・キルト サーフェスの作成、マージ、代用

3D アセンブリ モデリング

・すばやくコンポーネントを配置し、その場で作成した制約とスナップ動作を使用して位置決め

・新しいコンポーネントをすばやく挿入し、新しいコンポーネントのオカレンスとコピー部品をセッション中に作成

・アセンブリのコンテキストで複数のコンポーネントのジオメトリを移動

・平面とオフセットのセクションを使用して、内部のジオメトリ モデルの特性を調査し、部品のジオメトリの干渉を視覚化

相互運用性

・STEP、IGES などの中間ファイル フォーマットからデータをインポート

・STEP、IGES、STL、Creo View、PDF などにモデルをエクスポート

・拡張設計、解析、製造、その他の機能へのアクセスを提供

・アプリとモデリング モードの切り替え時に設計意図を完全に保持

Creo Directのメリット

プロセスの効率化

多くのユーザーが 3D CAD を利用して製品開発プロセスに貢献できるようになった結果、プロセスの効率化が実現

設計レビュー プロセスの向上と効率化

マネージャ、フィールド エンジニア、その他の利用頻度の低い CAD ユーザーが 3D CAD データを直接編集できるようになり、設計レビュー プロセスの向上と効率化を実現

より迅速な構想設計

ダイレクト モデリング機能を使用して、3D 構想設計をより迅速に作成、編集、反復可能

Creo Directのデモンストレーション